賃貸物件は新築のほうがいいです。気持ちがいいし綺麗です。でも傷の確認は最初にきちんとしないといけないですね。

賃貸を借りるなら新築物件
賃貸を借りるなら新築物件

賃貸を借りるなら新築物件

賃貸を借りるなら、新築物件が綺麗でいいですね。なので、出来たらこういう物件を借りてみたいなって思います。家賃が通常よりも高いというのも忘れないで借りないといけないです。新しい分だけちょっと値段が高い設定になっています。この物件で気を付けていきたい所は、やっぱり、傷の問題ですね。前に人が住んでいないので自分が初めての住人となります。傷がついたら、当然自分がつけた事になります。やむなく付いてしまった物は仕方ないですが、もともと有ったものは、修繕の対象ではないです。その辺の確認というのを大家さんとよくしておく必要があります。

最初に大家さんと部屋の確認をする時に、もし傷がついていたら、きちんと確認しておかないといけないです。建てたときに、業者の人が付けたものかもしれないので、その分まで修理する必要はないと思います。なので、その点の確認というのをきっちりとしておくべきです。特に新築になると、二年に一回の割合で、部屋の状態を確認しにきたりします。そこで大きく改造されていたり、汚れがひどいと注意がされたり、修繕となってきます。そういう所もあるので、良く契約書の中で、ポイントを押さえておくほうがいいですね。

そのほかの記事